沿革

本校は祖国と在日同胞社会の未来を担うべき在日の子供たちに母国語と民族の歴史、文化、伝統を教えるため1951年4月5日に創立され今年創立65周年を迎えました。
創立から今日まで4421名の卒業生を輩出し同胞社会に 数多くの人材を送りだして来ました。

1950年代

1951年 4月 5日 ≪神奈川朝鮮中学校≫創立(教員7名、学生105名)
1952年 9月 木造2階の校舎新築
1953年 10月 1日 学校設置認可を収得する.
1954年 3月20日 第1期卒業生74名(中学校)
4月 1日 高級部を新築し校名を≪神奈川朝鮮中高級学校≫とする.
1955年 5月25日 在日本朝鮮人総連合会 結成
1957年 4月 祖国から最初の教育援助費と奨学金が送られる.
1959年 12月14日 社会主義祖国への最初の帰国船

1960年代

1961年 5月 1日 鉄筋4階新校舎落成
1965年 9月21日 学校法人≪神奈川朝鮮学園≫としての法人認可収得
1968年 9月 本館第1期(鉄筋5階)新校舎落成
1969年 7月 鉄筋7階特別校舎落成

1970年代

1970年 5月 本館第2期(鉄筋5階)新校舎落成

1980年代

1981年 6月16日 学校創立30周年記念行事を行う.
1983年 10月 高校3年模範学級 最初の祖国訪問
1984年 9月 9日 体育館竣工

1990年代

1991年 3月 2日 日本高野連が朝鮮高級学校の公式試合参加を認定する.
10月 6日 学校創立40周年記念行事を行う.
1993年 5月 高体連 朝鮮高級学校の≪高校総体≫参加認定する.
1994年 2月 JR定期券の差別是正
1995年 6月 ≪全国高等学校サッカ-選手権大会≫ 出戦認定する.
1996年 9月11日 ≪川崎市立看護短期大学≫が本校卒業生の受験資格認定する.
9月14日 神奈川民族教育実施50周年記念≪異国に咲く花≫公演

2000年代

2001年 4月 学校創立50周年記念行事
2002年 9月 『広幅の民族教育』の方針決定
2005年 8月 校舎補修工事(防水,壁面塗装,床)を行う